20:28 2021年07月24日
国際
短縮 URL
0 51
でフォローする

EU(欧州連合)は、ベラルーシが「東方パートナーシップ」への参加を停止すると決定したことを悔やんでいるという。欧州委員会の報道担当者がリアノーボスチ通信に語った。

欧州委員会の報道担当者は「EUは、『東方パートナーシップ』への参加停止というルカシェンコ政権の決定を悔やんでいる」と語った。

同氏は「この決定はベラルーシをさらに孤立させるだけだ」と述べたものの、「EUは、この枠組みにおいてベラルーシの人々と協力し続けるために門戸を開き、ベラルーシの人々と市民社会を引き続き支援していく」とした。

ベラルーシ外務省は28日、EU主導の「東方パートナーシップ」への参加停止を表明した。

「東方パートナーシップ」は、アルメニア、アゼルバイジャン、ベラルーシ、グルジア、モルドバ、ウクライナの6カ国との関係を深め、強化することを目的としたEU主導の枠組み。ベラルーシのウラジーミル・マケイ外相は5月、ベラルーシに対する制裁の拡大を受け、「東方パートナーシップ」へ参加する意味を失う可能性があると示唆していた。

EUは24日、ベラルーシに対する部門別の経済制裁を正式に承認した。

関連ニュース

タグ
欧州連合, ベラルーシ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント