02:26 2021年08月06日
国際
短縮 URL
0 71
でフォローする

トルコのタイイップ・エルドアン大統領はパレスチナ解放機構執行委員会のマフムード・アッバース議長とイスタンブールで会談し、パレスチナ領の不法占拠を続けるイスラエルを前に、パレスチナ国民への支援を表明した。トルコ大統領府が明らかにした。

トルコ大統領府の声明には次のように記されている。

会談ではトルコとパレスチナの関係強化に向けたアプローチに加え、地域レベルの問題も議論された。エルドアン大統領はパレスチナでイスラエルが繰り広げる残虐行為についてトルコが口を閉ざし、沈黙を維持することはないとした上で、イスラエルが占領と併合政策を継続する限り、地域では堅固な平和と安定が実現することは無いと発言した。

その上で、トルコはパレスチナにおける和解プロセスを支援し続けるとしたほか、経済から貿易、文化、教育、ツーリズムなど、あらゆる分野で二国間関係が積極的に進んでいる状況に満足を示した。 


イスラエル国境とガザ地区の情勢は5月10日夜に激化した。

21日夜に停戦協定が発効するまでの間に、イスラエルにはおよそ4300発のロケットがガザ地区から発射された。イスラエルではこれらの攻撃により12人が死亡し、50人以上が負傷した。

一方、イスラエル国防軍によるガザ地区への空爆で、253人が死亡、1900人以上が負傷した。

関連ニュース

タグ
トルコ, パレスチナ, イスラエル
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント