17:29 2021年09月20日
国際
短縮 URL
0 101
でフォローする

シリアはロシアが開発した対空防御システム「パーンツィリ-S(鎧)」を運用し、テロ組織の発射した無人爆撃機を撃墜した。シリア各派和解調整センターで副所長を務めるヴァジム・クリチ少将が28日のブリーフィングで明らかにした。

7月27日夕方、シリアの防空システムは、北西部イドリブ県を拠点とするテロ組織が発射した無人爆撃機を中部ハマー県上空で検出した。

シリア側はロシアが開発した防空システム「パーンツィリS」でもって破壊した。

紛争調停にあたっているロシア側はテロ組織に対し、軍事的な挑発行為を控え、地域の和平実現に向けて交渉に応じるよう要請している。

関連ニュース

タグ
シリア, ロシア, トルコ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント