03:07 2021年09月26日
国際
短縮 URL
アフガニスタンのタリバン情勢 (149)
0 12
でフォローする

米国防総省のロイド・オースティン長官はアフガニスタン情勢を巡って批判にさらされている。辞任を求める声に対し、長官は続投する意向を表明した。21日のブリーフィングでジョン・カービー報道官が明らかにした。

カービー報道官はオースティン長官の辞任をめぐる可能性について質問されると、これを真っ向から否定した。現政権は、反政府武装組織「タリバン」(ロシアでテロ組織に認定、活動禁止)がアフガニスタンを軽々と制圧したことをめぐり、窮地に立たされている。

その後、批判の矛先は米国市民や、米国に協力したアフガニスタン人の国外退去に関係する作戦にも向けられた。


タリバンは政府軍への攻勢を強め、アフガニスタン情勢は直近の数週間で急激に悪化した。

タリバンは首都に侵攻し、大統領府を制圧した。アフガニスタンのアシュラフ・ガニー大統領は「大量殺戮阻止」を目的に祖国を離れた。

タリバンの指導者は8月16日に戦争終結を宣言し、国家統治に関する形態を近く公表するとした。現時点でアフガニスタンでは全ての国境がタリバンの管理下に入っている。

外国人スタッフや外国使節団に協力していたアフガニスタン人は首都の空港から国外退避を進めている。この空港は、米軍及び北大西洋条約機構(NATO)の部隊が防衛している。

関連ニュース

トピック
アフガニスタンのタリバン情勢 (149)
タグ
アフガニスタン, タリバン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント