23:07 2021年09月20日
国際
短縮 URL
0 26
でフォローする

身代金要求型ウイルスで米国企業にサイバー攻撃を行ったハッカー集団が何者で、どこにいるのかをロシア政府は知っている。ジョー・バイデン大統領がサイバー安全保障に関連する会議の中で次のように表明した。

バイデン大統領は会議の中で次のように表明した。

私はウラジーミル・プーチンとサミットを行った。その中で明確に伝えた。我々は彼らが責任を追及することを待っていると。なぜなら、彼らがどこにいて、何者であるかを彼ら(ロシア当局)は知っているからだ。

ロシア政府は、米国企業に対するサイバー攻撃への関与を否定し、ハッカー集団との戦いにおいて米国政府と連携する姿勢を示してきた。 ジュネーブで開催された露米首脳会談の結果、両国は情報安全保障に関する専門家レベルの協議を複数回にわたって実施した。

関連ニュース

タグ
ジョー・バイデン, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント