20:19 2021年09月21日
国際
短縮 URL
0 14
でフォローする

ジョー・バイデン大統領とウォロディミル・ゼレンスキー大統領の首脳会談が示した通り、米国とウクライナの関係はかつてないほど強固となった。在キエフ米国大使館のプレスサービスが表明した。

ウクライナと米国の首脳会談は1日にワシントンで開催された。

米国大使館はツイッターへの投稿で、次のように表明した。

合衆国大統領とウラジーミル・ゼレンスキー大統領の会談が示した通り、米国とウクライナの関係はかつてないほど強固となっている。我々が共通のグローバルな問題の解決に取り組んでいることから、我々のビジョンを実現化していくため、我々の新たなパートナーシップは5つの協力部門に集中する。

会談後、ウクライナ政府のサイトには米国政府とウクライナ政府の共同声明が掲載された。声明には協力分野として5つの部門が指摘された(安全保障と防衛、民主主義・公平な司法制度・人権、エネルギー問題と気候、経済発展と富国化、パンデミックとの戦いと人道支援)。

関連ニュース

タグ
ウクライナ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント