23:06 2021年09月20日
国際
短縮 URL
0 07
でフォローする

イスラエル空軍は中東のガザ地区で活動するイスラム原理主義組織「ハマース」(イスラム抵抗運動)が管理する軍事施設を空爆した。この空爆について軍側は、ガザ地区から実施された風船爆弾攻撃への報復攻撃と表明している。

​イスラエル軍の戦闘機はハマースが管理するミサイル製造工場のほか、トンネル建設に必要なコンクリートの製造工場を攻撃の標的とした。

​これらの工場は文化施設や寺院、水道施設が立ち並ぶ市街地にあり、ハマースが民間施設内に軍事施設を設置しているとして、イスラエル側は批判している。

関連ニュース

タグ
イスラエル, パレスチナ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント