23:54 2021年09月20日
国際
短縮 URL
0 11
でフォローする

今日ほとんど忘れられているが米国の郵便サービス(U.S. Postal Service)には、とても興味深い歴史的な1ページが存在する。1913年から1915年の期間、米国の法律は、鉄道の移動費数ドルを節約するため、両親が自分の子どもを郵便で発送することを承認していた。

子どもの郵便発送は、郵便サービスが発送品の最大重量を1.8キロから23キロに増量したことを受け可能となった。この他には郵便物の発送制限は実質的になかったため、米国人は心のまま自由に全国各地へ建築資材や食品、動物、子どもを発送することができた。

「U.S. Postal Service」の記録には、はじめて郵便で子どもが発送された際の写真の一部が保管されていた。送られたのはオハイオ州の生後8ヶ月の乳児ジェームス・ボージュちゃんで、当時の体重は4キロだった。両親は子どもに生命保険をかけて15セントを支払い、知り合いの郵便局員に引き渡した。この職員は大切な小包を大家族の自宅から2キロ離れたところに暮らす祖母のところまで送り届けた。

また、6歳のメイ・ピアストルフちゃんを両親は自宅から112キロ離れた他州の祖母に送り出した。上着に何枚もの切手が貼られた幼児は普通の小包と一緒に列車で送付された。

「子ども」郵便小包の最長距離は6歳のエドナ・ネフちゃんが記録した。フロリダ州で暮らす母親はこの子を小包として、幼児の父親が暮らす1000キロ先のバージニア州まで発送した。

1915年8月に米国の子ども郵便小包の時代は終わりを迎え、郵便列車では足の先から頭にまで切手を貼られた「生きた」郵便物を目にすることはなくなった。「子ども郵便」が存在したすべての期間を通じて誰一人ケガを負うことがなかったということに驚かされる。

通信社「スプートニク」は以前、郵便配達に関わる米オハイオ州の珍しい出来事を紹介している。いつも配達に訪れる郵便車両から賢いペット犬が飼う主のもとに送られたすべての郵便物をピックアップしている。

関連ニュース

タグ
子供
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント