06:44 2021年09月23日
国際
短縮 URL
0 13
でフォローする

日本、米国、韓国は14日、北朝鮮担当高官による協議を東京都内で開催した。対話と制裁の面で3か国の連携を強化し、引き続き北朝鮮の非核化を目指すという方針を確認した。日本の各メディアが報じている。

協議には、外務省の船越健裕アジア大洋州局長、米国のソン・キム北朝鮮担当特別代表、韓国外務省のノ・ギュドク朝鮮半島平和交渉本部長が出席した。

北朝鮮が13日に明らかにした新型の長距離巡航ミサイルの発射実験を踏まえ、対応を協議したとされている。

共同通信によると、船越氏は冒頭「日米韓協力は、北朝鮮の核・ミサイル開発に対処する上で重要性を増している」と強調した


13日、北朝鮮が11日と12日に新型長距離巡航ミサイルの発射実験に成功したと報じられた。朝鮮労働党中央委員会の高位幹部が発射に立ち合い、ミサイルの有効性と実用性を高く評価したという。今回の発射実験は、エンジンの推進力、飛行試験、制御・誘導テストなど多岐にわたる。これらすべてが成功し、ミサイルは1500キロ先の目標に的中した。

関連ニュース

タグ
日本, 米国, 韓国, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント