01:50 2021年10月19日
国際
短縮 URL
0 13
でフォローする

フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は政界からの引退を表明しており、娘のサラ・ドゥテルテ=カルピオ氏が2022年に予定されている大統領選に立候補することを明らかにした。フィリピンのテレビラジオ局ABC-CBNが報じた。

現在、ドゥテルテ=カルピオ氏はダバオ市の市長を務めている。父のドゥテルテ大統領は政界からの引退を表明しており、次期大統領選には立候補しない見通し。フィリピンの憲法でドゥテルテ大統領は次期大統領選に立候補する権利がないことから、副大統領への立候補を表明していたが、取りやめた見通し。

​副大統領選にはドゥテルテ大統領の補佐官を務めていたクリストファー・ボンゴ上院議員が立候補を表明している。 

フィリピンの次期大統領選は2022年5月9日に予定されている。

関連ニュース

タグ
フィリピン, 選挙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント