10:43 2021年10月16日
国際
短縮 URL
0 03
でフォローする

米下院は12日、連邦政府の債務上限を12月3日まで引き上げる法案を可決した。債務上限は現行から4,800億ドル(およそ55兆円)引き上げられる。

採決の様子は下院のサイト上で生中継された。米財務省は、10月18日までに然るべき行動が講じられなければ資金が枯渇し、米国債がデフォルト(債務不履行)に陥るとの見通しを示していた。

米上院ではすでに12月3日までの上限引き上げの法案が可決されている。法案はバイデン大統領の署名を経て発効するが、ホワイトハウスは、大統領は署名する方針だと明らかにしている。

関連ニュース

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント