ハイオ・ゼッペルト氏

ロシアスポーツ界のドーピングに関する映画を制作したゼッペルト氏は、5月7日にロシアビザを取得していた-ロシア大使館

© Sputnik / Elena Sobol
サッカーW杯2018のニュース
短縮 URL
141

ロシアスポーツ界のドーピングに関する映画を制作したドイツのジャーナリスト、ハイオ・ゼッペルト氏は、サッカーW杯ロシア大会を取材するためのロシアビザを、国際サッカー連盟(FIFA)の認定に基づいて5月7日に取得していた。15日、在ドイツ・ロシア大使館のデニス・ミケリン報道官が記者団に明らかにした。

スプートニク日本

大使館は「FIFAの認定に基づいて5月7日にW杯を取材するためのダブルビザが実際に発行された」と発表した。

大使館によると、ゼッペルト氏はロシアの「好ましくない人物」リストに記載されているが、同氏にはロシアビザが発行された。大使館は「彼はロシア連邦の主権である裁判所の決定に基づき、ロシア領土滞在に好ましくない人物リストに記載されている。今回の渡航は例外となり、W杯とFIFAの認定によるものとなっている」と発表した。

先週ドイツのマスコミは、ロシア当局がゼッペルト氏にサッカーW杯のためにロシアへ来ることを許可しなかったと報じた。

タグ
スキャンダル, スポーツ, 2018年のロシアW杯, ドイツ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント