サッカーW杯ロシア大会の開催費用が発表

サッカーW杯ロシア大会の開催費用が発表

© Sputnik / Alexey Filippov
サッカーW杯2018のニュース
短縮 URL
0 11

サッカーW杯ロシア大会開催にかかる直接の費用は5億ドル超だったと、大会組織委員会のアレクセイ・ソロキン総責任者が明らかにした。

スプートニク日本

ソロキン総責任者は、現在「予期せぬ支出」が生じているため、総額が「1コペイカまで」明らかになるのは大会の開催後になると述べた。

ソロキン総責任者は、ロシア大会がサッカーW杯開催史上で最も費用がかかる大会だとの指摘について、「誇張」であるとし、「『史上最も費用がかかるW杯』とはいったい何か?たとえば、ニージニー・ノヴゴロドの中心部から空港までの新たな街道は、W杯の費用とみなすべきなのか?その通りだ、観客がこの街道を利用するからだ。だが現在、地元住民もこれを利用しており、さらに100年間利用していくことだろう」と強調した。

さらに、「W杯のインフラ準備予算」は公開された数字であり、6780億ルーブル(およそ1兆2111億円)となったと付け加えた。

一方、最も費用がかかる分野となったのは輸送機関で、スタジアムではない。

ソロキン総責任者は、「その他、もちろん、これはスポーツインフラ全体だ。大会の試合が行われる新たなスタジアムや、現時点でトレーニング場の役割を果たしているミニスタジアムだ。後に、これらの施設は学校や地元サッカークラブのために残ることになる」と続けた。

関連ニュース

ロシアの伝統が、ロナウド選手を笑わせた【動画】

日本代表はグループリーグを突破できるのか?日本在住ロシア人サッカーファンの大予想

タグ
2018年のロシアW杯
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント