セネガル戦に駆けつけた日本人サポーター

セネガル戦に駆けつけた日本人サポーター、エカテリンブルクで街歩きを楽しむ【写真】

© Sputnik / Tokuyama Asuka
サッカーW杯2018のニュース
短縮 URL
徳山 あすか
0 60

24日に行われる日本対セネガル戦の応援のため、エカテリンブルクに駆けつけたサポーターたち。早めに到着した日本人は、試合開始まで街を散策したり、地元の人と交流したり、勝利の前祝いにビールを飲んだりと、それぞれの時間を過ごしている。市内中心部の「1905年広場」から歩行者天国ワイネル通りまで、サポーターの姿を追った。

スプートニク日本

北海道から来た友人2人組、村井大起さんと青柳大輝さん。2人はホテルではなく、アパートを借りてエカテリンブルクに滞在している。食事は、ロシアの伝統料理ボルシチを手作りするなど、自炊している。2人とも海外サッカーのファンで、W杯を生で観戦するのは初めてだ。村井さんはロシア留学経験者、青柳さんはロシアを初めて訪れた。村井さんは、「この町はモスクワより人が温かい」と話す。

2人は日本のグループリーグ突破を願い「実力ではセネガルに及ばないと思いますが、コロンビアに勝ったという事実もあるので、神風に期待しています」と、勝ち点3に期待を見せる。この後、ヴォルゴグラードでポーランド戦の観戦も予定している。

北海道から来たサポーター、青柳さん(左)と村井さん(右)
© Sputnik / Tokuyama Asuka
北海道から来たサポーター、青柳さん(左)と村井さん(右)

ワイネル通りで、微妙に怖いお土産屋さんを発見した。多分、「入ってください」と書きたかったのだろう。なんだか怒られているような気分になる。

ちょっと怖いお土産屋さん「入って来なさい!」
© Sputnik / Tokuyama Asuka
ちょっと怖いお土産屋さん「入って来なさい!」

マトリョーシカやロシア正教会の屋根、日本とロシアの国旗など、素敵なデザインのネイルをしている女性に出会った。ここエカテリンブルクでは、コロンビア戦のあったサランスクと比べて、女性サポーターの姿も多く見られる。

W杯ロシア大会をイメージしたデザイン
© Sputnik / Tokuyama Asuka
W杯ロシア大会をイメージしたデザイン

ワイネル通りに人だかりができていたので近寄ってみると、日の丸を持参した日本人男性がいた。男性いわく、国旗を広げて路上に座っていると、空いている部分に皆がどんどん応援メッセージを書き込んでくれるのだそうだ。瞬く間に、余白を見つけるのが難しいほど、日本を応援するメッセージでいっぱいになった。

筆者が日本人とわかると「ぜひ応援したい」と言って近寄ってきたのが、エカテリンブルク市民のパーヴェルさん。「日本は3対0で勝つ!勝ってほしい、じゃなくて勝たないといけない」と、日本人以上に応援に気合いが入っている。パーヴェルさんは、2002年の日韓W杯以降、バットマン宮本と呼ばれた当時の日本代表キャプテン、宮本恒靖選手の影響で日本サッカーが好きになった。パーヴェルさんは「宮本選手は鼻を怪我しても大活躍した。あのバットマンマスクは忘れられない、彼こそ真の男だ」と話してくれた。

セネガルサポーター
© Sputnik / Tokuyama Asuka
セネガルサポーター

関連ニュース・記事

タグ
おもしろい, エンタメ, スポーツ, サッカー, 観光, 2018年のロシアW杯, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント