香港

香港でW杯生中継が見られなくなる?

© Sputnik / Artur Alexandrov
サッカーW杯2018のニュース
短縮 URL
0 30

サウス・チャイナ・モーニング・ポストは、サッカー・ワールドカップ(W杯)の放映権料が、香港のテレビ局が支払う用意がある価格を大幅に上回る可能性があると報じた。

スプートニク日本

ロシア大会の放映権料として香港のテレビ局は7000万ドル(約78億円)を支払った。次回2022年のカタール大会の放映権料も高くなると見られ、香港のテレビ局が購入するかは疑わしくなる。

4年前に香港の民法テレビ局「無綫電視(TVB)」はブラジル大会の放映権料としてFIFAに4000万ドルを支払い、さらに2000万ドルを制作費と関連費用に費やした。

テレビ業界で長く働く匿名の情報筋は「放映権料が急速に伸び続ければ、カタール大会の放映権料を支払う用意のある香港の放映メディア企業が出て来るかは疑わしい」と述べた。
全ての希望はケーブルテレビ局にある。W杯の準決勝と決勝戦を含む19試合のみが無料テレビ放送「Viu TV」で生中継される。ケーブルテレビ「Now TV」と契約していれば、全64試合を見ることも出来る。

関連ニュース

FIFA「フェアプレーによるW杯決勝T進出規則、変更理由なし」

サッカーだけじゃない ロシアで今激論される年金受給年齢引き上げ問題

タグ
スポーツ, サッカー, 2018年のロシアW杯, 香港
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント