「神々のように」 有名なサッカー選手たちが歴史上の人物に様変わり

「神々のように」 有名なサッカー選手たちが歴史上の人物に様変わり【写真】

© Sputnik / Alexander Galperin
サッカーW杯2018のニュース
短縮 URL
0 41

サッカーW杯ロシア大会の開催都市の一つ、サンクトペテルブルクにあるロシア美術アカデミー付属研究美術館の展覧会で、アルゼンチンのサッカー選手リオネル・メッシはモーツァルトのイメージで、イタリアのFWフランチェスコ・トッティはローマ法王として、ポルトガルのクリスティアーノ・ロナウドは軍服姿で紹介されている。同展覧会は7月5日まで開催される。

スプートニク日本

展覧会では、サッカー界のスター選手40人が正装した上流階級や軍関係者の肖像画のスタイルで描かれた絵が展示されている。

興味深いのは、作者のファブリツィオ・ビリムベッリさん(42)はプロの画家ではなく、大のサッカーファンということだ。ビリムベッリさんはローマでプログラマーとして働いており、サッカー選手たちの「デジタル」肖像画を制作し、スター選手やファンたちの注目を浴びた。芸術学者らによると、ビリムベッリさんの作品はグラフィックタブレットを使って色彩に修正を加えながらデジタル形式で描いたもの。

  • クリスティアーノ・ロナウド
    クリスティアーノ・ロナウド
    ロシア美術アカデミー 付属研究美術館
  • リオネル・メッシ
    リオネル・メッシ
    ロシア美術アカデミー 付属研究美術館
  • ディエゴ・マラドーナ
    ディエゴ・マラドーナ
    © 写真 : ロシア美術アカデミー 付属研究美術館
  • ジネディーヌ・ジダン
    ジネディーヌ・ジダン
    © 写真 : ロシア美術アカデミー 付属研究美術館
  • イタリア代表のフランチェスコ・トッティ
    イタリア代表のフランチェスコ・トッティ
    © 写真 : ロシア美術アカデミー 付属研究美術館
  • ロシア代表のロマン・シロコフ
    ロシア代表のロマン・シロコフ
    © 写真 : ロシア美術アカデミー 付属研究美術館
  • ロシア代表のアレクサンドル・ケルジャコフ
    ロシア代表のアレクサンドル・ケルジャコフ
    © 写真 : ロシア美術アカデミー 付属研究美術館
  • クリスティアーノ・ロナウドとディエゴ・マラドーナ
    クリスティアーノ・ロナウドとディエゴ・マラドーナ
    © Sputnik / Alexander Galperin
  • イタリア代表のジャンルイジ・ブッフォン
    イタリア代表のジャンルイジ・ブッフォン
    © Sputnik / Alexander Galperin
  • スペイン代表のセルヒオ・ラモス
    スペイン代表のセルヒオ・ラモス
    © Sputnik / Alexander Galperin
  • ドイツ代表のメスト・エジル
    ドイツ代表のメスト・エジル
    © Sputnik / Alexander Galperin
1 / 11
ロシア美術アカデミー 付属研究美術館
クリスティアーノ・ロナウド

崇拝する選手たちの勝敗を心配する本物のサッカーファンが選手たちの肖像画を描いているのは素晴らしいことだ。そのような「ディレッタント」の立場は、ある利点を生み出している。ビリムベッリさんの各肖像画には、時折プロに欠けている誠実さがあるのだ。なお展覧会には、「神々のように」というサッカーファンにとって非常に嬉しいタイトルがつけられている。

ビリムベッリさんの作品は、選手たちの個人コレクションに保存されている。

関連ニュース

タグ
びっくり, おもしろい, 芸術, エンタメ, スポーツ, サッカー, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント