ボランティアスタッフ

モスクワ地下鉄のボランティアスタッフが、サッカーファンたちの変わった質問について語る

© Sputnik / Alexander Vilf
サッカーW杯2018のニュース
短縮 URL
190

モスクワの地下鉄でサッカーW杯を観戦するために訪れた外国人ファンのサポートをしているボランティアスタッフたちが、定番の質問と変わった質問について語った。モスクワ市役所のホームページに掲載された。

スプートニク日本

ボランティアスタッフが変わった質問として挙げたのは「レーニンが眠っているのはどこ?」、「1日乗り放題の切符があったら、地下鉄に泊まれる?」、「結婚してくれますか?」など。定番の質問は、赤の広場への行き方や「犬のいる地下鉄駅」(「革命広場」駅には触ると幸運が訪れるという犬の銅像がある)に関するものだった。

モスクワの地下鉄では毎日100人以上のボランティアスタッフがサッカーファンたちのサポートをしている。例えば、「バリカード」駅ではあるサポーターが銀行のカードを排水設備に落としてしまい、ボランティアスタッフたちが取り出すのを手伝った。またアルゼンチンの旅行者はパスポートをなくしてしまったが、無事に戻ってきたという。

関連ニュース

タグ
スポーツ, サッカー, びっくり, おもしろい, エンタメ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント