サッカー日本代表帰国 監督ら会見

サッカー日本代表帰国 監督ら会見

© Sputnik / Maxim Bogodvid
サッカーW杯2018のニュース
短縮 URL
0 13

サッカーW杯ロシア大会で16強入りした日本代表が5日、成田空港に帰国した。選手らは大勢のファンに出迎えられ、手を振って応えた。朝日新聞が報じた。

スプートニク日本

同紙によると、西野朗監督は直後に行われた記者会見で、「最大の最高のチャレンジに対して、出し尽くした選手たちの姿があった。そういうところはみなさんに伝わったのではないかと思う。本当に素晴らしい選手たちだった」と述べた。

代表からの引退を表明している主将の長谷部誠選手は、「出発時のときに比べてたくさんの方が出迎えてくれてうれしかった。この熱気を次の代表チームにつなげていって欲しいと思う」と語った。

また、NHKによると、西野監督は今後の日本代表チームについて、「日本はW杯で8年周期でベスト16の成績をあげているが、このスパンではだめだと思う。次の4年後のカタール大会では間違いなくベスト16を突破できる段階だと思う」と期待を示した。

一方、NHKによると、西野監督の去就については、任期満了での退任となった。日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長が明らかにした。

関連ニュース

泣ける 最終試合翌日、ベースキャンプのスタッフが日本代表を温かく出迎え

タグ
サッカー, 2018年のロシアW杯, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント