サッカーロシア代表、「決められなかったPKに責任を感じている」

サッカーロシア代表、「決められなかったPKに責任を感じている」

© Sputnik / Aleksey Filippov
サッカーW杯2018のニュース
短縮 URL
281

サッカーロシア代表FWのフョードル・スモロフは、サッカーW杯準々決勝、クロアチア戦でのPK戦の失敗に対する責任を語った。

スプートニク日本

ロシア南部ソチにある「フィシュト・オリンピックスタジアム」で、サッカーW杯ロシア大会・準々決勝の試合が終了した。2対2で終了(クロアチア、PK戦で勝利)、クロアチア代表が準決勝に進出した。

スモロフ露代表は記者団に対し、「決められなかったPKに対する責任を感じている。自分の脳裏にはいつも、マイケル・ジョーダンが現役引退後のインタビューで発した言葉(大事なときに何度もシュートを決めようとしたが、何度も失敗した)が焼き付いている。今自分がそれと同じ状況にあることに感謝している。もっと強くなれる」と述べた。

タグ
スポーツ, サッカー, 2018年のロシアW杯, クロアチア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント