賄賂を受け取ったサッカーのケニア人審判、永久資格停止処分に

賄賂を受け取ったサッカーのケニア人審判、永久資格停止処分に

© Sputnik / Vasily Ponomarev
サッカーW杯2018のニュース
短縮 URL
0 32

サッカーW杯ロシア大会で副審を務める予定だったが、賄賂スキャンダルが発覚してW杯の審判団から除外されたケニア人審判員アデン・レンジ・マルワ氏が、永久資格停止処分となった。アフリカ・サッカー連盟(CAF)が発表した。

スプートニク日本

BBCは、マルワ氏がアフリカネイションズカップ中に約600ドルを受け取ったことを報じた。

BBCが放送したドキュメンタリーにより、CAFはマルワ氏とさらに10人のアフリカの審判員をそれぞれ様々な期間の資格停止処分とし、さらに11人を一時的な資格停止とした。

なお国際サッカー連盟(FIFA)によって2018年W杯の審判員に選出されながら、その後、汚職に関与したとしてW杯審判団から外されたのはマルワ氏だけではない。

先にサウジアラビアのファハド・アル・ミルダシ氏が、サウジアラビア・ キングス・カップの決勝で八百長の見返りとして賄賂を要求していたことが発覚し、永久資格停止処分を受け、W杯審判団から除外された。

タグ
サッカー, 汚職, 2018年のロシアW杯
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント