00:20 2017年05月30日
東京+ 20°C
モスクワ+ 25°C
    地中海でロシアとエジプトの合同海軍演習終わる

    TEST ヴァリャーグ (防護巡洋艦)

    © Sputnik/ The press service of the Ministry of defense of the Russian Federation
    TEST
    短縮 URL
    5179 0 0

    広島は原爆投下から70年目の記念日を迎えようとしている。この日、人類史上、民間人に対して初めて核兵器が用いられた。この生き地獄を体験した被爆者の生の声を聞く10年毎の節目の年としては、今年の70周年が最後かもしれない。なぜなら被爆者の平均年齢は今年、初めて80歳を越えたからだ。被爆者の数はどんどん少なくなり、それと共に、彼らが味わった悲惨な記憶が薄れていく憂慮はますます高まる。これはつまり、人類は再び同じ過ちを繰り返す恐れがあることを意味する。

    船体形状は艦首甲板の乾舷のみ高い短船首楼型船体を採用している。この時代の軍艦の特徴として艦首水面下に突出した衝角と魚雷発射管を持つ艦首から「15.2cm(45口径)速射砲」を防楯の付いた単装砲架で並列で2基を配置。

    令塔を組み込んだ艦橋の左右に船橋が設けられ、舷側ケースメイト配置で3番~6番主砲が片舷2基ずつ配置された。艦橋の後方に簡素な単脚式の前部マスト、等間隔に立つ4本煙突の周囲は艦載艇置き場となっており、2本1組のボート・ダビッドが片舷4基の計8基により運用された。単脚式の後檣の舷側ケースメイト配置で7番~10番が後向きに配置された。そして後部甲板上に11番・12番主砲が後向きの並列で2基を配置された。 この武装配置により前後方向に15.2cm砲4門、左右方向に最大15.2cm砲6門が指向できた。

    司令塔を組み込んだ艦橋の左右に船橋が設けられ、舷側ケースメイト配置で3番~6番主砲が片舷2基ずつ配置された。艦橋の後方に簡素な単脚式の前部マスト、等間隔に立つ4本煙突の周囲は艦載艇置き場となっており、2本1組のボート・ダビッドが片舷4基の計8基により運用された。単脚式の後檣の舷側ケースメイト配置で7番~10番が後向きに配置された。そして後部甲板上に11番・12番主砲が後向きの並列で2基を配置された。 この武装配置により前後方向に15.2cm砲4門、左右方向に最大15.2cm砲6門が指向できた。

     

    司令塔を組み込んだ艦橋の左右に船橋が設けられ、舷側ケースメイト配置で3番~6番主砲が片舷2基ずつ配置された。艦橋の後方に簡素な単脚式の前部マスト、等間隔に立つ4本煙突の周囲は艦載艇置き場となっており、2本1組のボート・ダビッドが片舷4基の計8基により運用された。単脚式の後檣の舷側ケースメイト配置で7番~10番が後向きに配置された。そして後部甲板上に11番・12番主砲が後向きの並列で2基を配置された。 この武装配置により前後方向に15.2cm砲4門、左右方向に最大15.2cm砲6門が指向できた。

    Facebook

    フェイスブックでぜひフォローして、興味深いニュースをいち早く入手してください。スプートニク日本のニュースを友達にシェアしてください。みなさんのご意見や関心は私たちにとって重要です。

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント
    主要ニュース