2012.12.23 , 14:32

2013年3月 ロシアの第五世代戦闘機 実験開始

2013年3月 ロシアの第五世代戦闘機 実験開始

PAK FA (戦術空軍向け将来戦闘複合体)で開発が進んでいる第五世代戦闘機は来年3月から実験が開始され、来年末までには8機が稼動するという。日曜日、ロシア空軍のヴィクトル・ボンダレフ中将が明らかにした。

   現在、機体は工場での飛行実験中で、ボンダレフ中将によれば実験プログラムはうまくいっているという。ボンダレフ中将によれば、将来の戦闘機の実験は二年から二年半にわたって行われるという。2015年もしくは2016年初めには、T-50型戦闘機は量産体制に入り、空軍の戦闘部隊に配属されるという。

   リアノーボスチ

  •  
    シェアする