2014.01. 8 , 18:28

新プロジェクト 米国兵士の脳にセンサーを埋め込む

新プロジェクト 米国兵士の脳にセンサーを埋め込む

   米国防高等研究計画局(DARPA)は、脳にセンサーを埋め込むことで、軍人の精神状態を向上させる意向。DARPAは、神経活動をモニタリングするインプラントの開発プロジェクトに7000万ドルを拠出した。

   統計によると、米軍兵士は一般の人々よりも精神疾患に苦しむことが多いという。兵士たちは恐ろしい出来事に直面することがあるため、これは論理的だ。

   DARPAの新プロジェクトは、「Subnet」と名づけられた。プロジェクトは、兵士の頭に、脳の活動をモニタリングし、その情報を分析する特殊なチップが埋め込むというもの。これにより、信頼性のある情報に基づいて治療を行うことが可能となる。これは、精神医学における飛躍的進歩になると考えられている。

   CNET より

  •  
    シェアする