2014.02.10 , 16:13

サウジアラビア男性 耳の中にカンニングペーパーを隠したまま20年暮らす

サウジアラビア男性 耳の中にカンニングペーパーを隠したまま20年暮らす

サウジアラビアに住む男性は、学生時代に試験で使ったカンニングペーパーを耳の中に入れたまま20年間暮らしていた。テレビ「アル・アラビーア」が、現地のマスコミの情報を引用して伝えた。

    男性は先週、首や耳の周辺に「耐え難い痛み」を感じて病院に行った。男性の耳の中からカンニングペーパーが見つかり、医師たちが取り出したという。

    伝えられたところによると、この男性は大学卒業後に結婚し、子供が生まれ、耳の奥にカンニングペーパーが隠されているのを忘れてしまった。男性は病院で、痛みの原因は、耳の中に入っていた紙切れだと告げられた。それは20年前に大学の試験で使ったカンニングペーパーだった。

     男性は、「子供たちが自分と同じ過ちを犯さないように」と、カンニングペーパーを自宅へ持ち帰り、子供たちにみせたという。

    リア・ノーヴォスチ

  •  
    シェアする