2014.09.30 , 12:33

リベリア、エボラで埋葬された死人が目を開けた

リベリア、エボラで埋葬された死人が目を開けた

   ここ数ヶ月、アフリカで3千人以上の人命を奪ったエボラ出血熱。エボラが猛威を振るったリベリアで奇妙な現象がおき、住民がパニックに陥った。アフリカのマスコミによると、エボラに罹って死んだ2人の女性が急に「蘇った」というのだ。

   二人はカトリック教徒の多いニンバ管区のガンタ市に暮らしていた。ドリス・クヴォイさん(40)とマケベさん(60)はエボラに感染して死亡。ところが近親者が二人を埋葬しようとしたところ、ふたりとも突然目を開けたという。

   死人が復活したニュースにガンタと周辺都市の市民は大パニックに陥り、なかには埋葬された人の幽霊を目撃したという証言まで飛び出している。

   Mirtesen.ru

  •  
    シェアする