2014.10.11 , 00:07

「イスラム国」野戦司令官、ロシア侵略を宣言

「イスラム国」野戦司令官、ロシア侵略を宣言

「イスラム国」野戦司令官タルハン・バチラシヴィリ氏、通り名オマル・アル=シシャニ氏が、ロシア侵略を宣言した。その父親の言葉をブルームバーグが伝えた。

父バチラシヴィリが記者らに語ったところでは、息子が先日電話してきて言うことには「心配するな、父。私は家に帰りロシア
人に目にもの見せてやる」。アル=シシャニ氏はイスラム主義者1000人を引き連れて「モスクワに復讐する」と宣言している。
「イスラム国」は既にイラク軍を敗走せしめており、次の目標はロシアであるという。
「イスラム国」は先にネット上に動画を公開し、戦争を始めると宣言した。映像ではテロリストらが旧式のソビエト製戦闘機の傍に立っている。シリアのラッカ空軍基地で接収したものだという。テロリストの一人がロシア大統領に対し、チェチェンおよびカフカスを解放し、そこにイスラムのカリフ制国家を建設する意図を述べた。これに応えてラムザン・カディロフ氏は、もし彼らがロシアに侵略をしかけてきたら、テロリストらを殲滅する、と宣言した。

Lenta.ru

  •  
    シェアする