2014.11.18 , 03:01

エアバス、「空飛ぶ円盤」型の飛行機に関する特許を取得

エアバス、「空飛ぶ円盤」型の飛行機に関する特許を取得

エアバス社は「空飛ぶ円盤」を思わせる未来の飛行機の建造に関する特許を取得した。フィナンシャル・タイムスが報じた。

「未来の飛行機は、もはや飛行機というよりも、50年代のファンタジー漫画を思わせるものとなる。欧州の航空・防衛グループが、取得した特許を実現したあかつきには、未来の乗客は巨大なドーナツ、あるいは空飛ぶ円盤に、自らの体をベルトで括り付けることになるだろう」「客室に圧力が加わったとき、その負荷は、飛行機の胴体が円柱状だと、緩和される」と同紙。
また、この新型胴体で燃料が節約される期待もあるという。

  •  
    シェアする