22:04 2016年08月30日
東京+ 24°C
モスクワ+ 25°C
ホーキング博士、地球を捨てなければ人類は1000年後は絶滅

ホーキング博士、 地球を捨てなければ 人類は1000年後は絶滅

© Flickr/ Lwp Kommunikáció
サイエンス
短縮 URL
0244453141

天文物理学者のスティーブン・ホーキング氏は、これからの1000年に人類が地球を捨てなかった場合、絶滅の恐れがあるとの見方を示した。

ホーキング氏のこの声明は、シドニー歌劇場で行われた衛生中継で表された。観客らはケンブリッジの事務所にいるホーキング氏のホログラム像を見つめた。ABC放送が伝えた。

ホーキング博士は、人類は宇宙空間の研究を積極的に行うべきとの見方を示し、「このか弱い惑星の外に出ることなしに、これからの1000年を生きられるとは思わない」と語った。

ホーキング博士は自分の研究の主題に数えられる4つの穴について話したあと、観客に「足元を見つめるのではなく、星を見上げるよう」呼びかけた。ホーキング博士はまた、生活苦に負けず、好奇心を旺盛に働かせるよう呼びかけている。

タグ
宇宙, オーストラリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント