2012.07.29 , 13:05

米韓連合司令部解散

米韓連合司令部解散

   米国防総省は、同盟国による合同軍事作戦実施の基礎を保障している米韓連合司令部を2015年に解散する意向だ。米国防総省が米国議会に提出した報告書の中では、そう述べられている。

   他の報告書の中で、米国のレオン・パネッタ国防長官は、米国政府が2015年に、韓国政府に対し朝鮮半島での有事の際の自国の軍部隊指揮権を韓国政府に移譲する意向のある事を確認した。

   しかし一連の韓国の専門家や政治家達は、北からの挑発の脅威が増している現状において「韓国軍は、有事の際、自主的に活動する用意ができていない」と憂慮し、指揮権の移譲を延期するよう求めている。

   イタル・タス

  •  
    シェアする