登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

衆議院選は違憲、高裁が1票の格差の事実認める

フォローする
日本の2箇所の高等裁判所は2014年末に実施の衆議院選挙を違憲との判決を下した。その一方で広島高裁と秋田高裁は違憲判決を求める訴えを退けた。共同通信が報じた。

全国295箇所の選挙区で実施された衆議院選挙で人口過密の選挙区では過疎地域の選挙区に比べ、1票を獲得するのに格差が最大で2.13倍も開きがあるとして、同選挙を違憲とする訴えは2つの弁護士グループが14の高裁に対して起こしていた。この事実は選挙民に対する平等を保証する憲法に違反する。

 

 

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала