ウクライナ軍 ドンバスのホットスポットからの部隊撤退を拒否

© AP Photo / Mstyslav Chernovウクライナ、てんかん患者徴兵で検察が軍事委員会を摘発
ウクライナ、てんかん患者徴兵で検察が軍事委員会を摘発 - Sputnik 日本
ウクライナ軍の司令部は、ドネツク州のシロキノ村から部隊を撤退させる意向はない。テレビ112 Украинаで、ドネツク州とルガンスク州の作戦の副司令官セルゲイ・ガルシコ氏が発表した。

シロキノ村は現在、ドンバスで一番のホットスポットの一つとなっている。シロキノ村は、マリウポリ(ウクライナ軍が管理)とノヴォアゾフスク(ドネツク人民共和国の義勇軍が管理)の間のアゾフ海沿岸部に位置している。

2月上旬、シロキノ村は「アゾフ」大隊によって占拠された。双方は未だにシロキノ村で迫撃砲などの砲撃を続けている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала