ドネツク人民共和国代表、「ミンスクで待ち望んでいたブレイクスルー」

© Sputnik / Viktor Tolochkoデニス・プシリン
デニス・プシリン - Sputnik 日本
ドネツク人民共和国(自称)のミンスク・コンタクト・グループ代表を務めるデニス・プシリン氏は、ミンスクで6日実施された作業部会の第1回会合について「長い間、待たれていたブレイクスルー」と評した。

「長年待たれていた、おそらく2月12日の調印以来のブレイクスルーが起きた。」

プシリン氏は、ミンスク・コンタクト・グループの作業終了後、詰め掛けた報道陣にこう語った。

プシリン代表の評価では「十分に建設的に開始された。」

プシリン氏は「一番重要なのは、ウクライナとドネツク、ルガンスクの代表との間に対話が開始されたことだ」との見方を示した。

プシリン氏はまた、「今日、この日より(平和合意の)新たな段階が始まるという大きな期待」を表し、「平和が近づいてきた」と語った。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала