日本 資源供給の安定が脅威にさらされた場合、軍事力を用いる用意あり

© AFP 2022 / Mandel NGAN日本旗
日本旗 - Sputnik 日本
19日、日本の中谷防衛相は、参議院での答弁で、日本及び同盟諸国の資源供給の安定が脅威にさらされた場合、集団自衛権を行使する意向のある事を明らかにした。

この答弁は、日本政府が軍事力を行使する用意がある具体的な条件はどんなものかとの議員の質問に答えたもので、中谷防衛相は、そうした条件として、天然ガスや核燃料、食料などの供給を妨げるような行為を挙げた。

先週、日本の内閣は、第2次世界大戦終了後初めて、自衛隊に国外での戦闘行為に参加する権利を与える一連の法案を承認した。新しい法律は、自衛隊が米国ばかりでなく、他の「友好国」の軍隊も支援することを許している。なお「友好国」とはどの国かについては、特定されていない。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала