日本、選挙権年齢を18歳に引き下げる法案、衆院通過

© REUTERS / Issei Kato日本、選挙権年齢を18歳に引き下げる法案、衆院通過
日本、選挙権年齢を18歳に引き下げる法案、衆院通過 - Sputnik 日本
日本の衆議院は今日、選挙権年齢を従来の20歳から18歳に引き下げる法案を採択した。

同法は来年発効し、2016年夏に予定されている参議院選挙には新しく240万人の選挙権者が参加できる。

政府としては、近年低下の一方である投票率を引き上げる狙いがある。法案は衆院通過後、参院に送られる。参院も衆院と同様、与党の自民党および新公明党が多数議席を占めている。

一部の専門家は、未成年をめぐる現在の環境が変化するとして、政府のやり方に疑問を唱えている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала