キエフ郊外の石油基地火災が悪化

© AFP 2022 / Sergei Supinskyキエフ郊外の石油基地火災が悪化
キエフ郊外の石油基地火災が悪化 - Sputnik 日本
ウクライナの首都キエフ郊外のワシリコフスキー地区にある石油基地で起きた火災が、再び悪化した。テレビ「112ウクライナ」の特派員が伝えた。

現在、炎がおよそ50メートルの高さまで上がっており、現場では、約100人の消防士が活動している。

特派員は、「状況は悪化した。非常事態省の職員は1時間前に、タンクの一つが燃えたものの、別のタンクはくすぶっただけだったと発表したが、まさに5分前に、再び火災が発生し、燃えている」と伝えた。

石油基地内で、それぞれ800立方メートルの燃料が入った2つのタンクが爆発し、計3個のタンクが燃え続けている。

ウクライナ保健省がフェイスブックで伝えたところによると、火災による犠牲者は18人となった。保健省のプレスリリースによると、「そのうちの3人が現場で死亡、1人が医療施設で死亡したほか、4人が治療を受けており、10人が入院している」という。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала