ベルギー 肉体的に健康な女性に安楽死の権利

© AFP 2022 / BRENDAN SMIALOWSKIベルギー 肉体的に健康な女性に安楽死の権利
ベルギー 肉体的に健康な女性に安楽死の権利 - Sputnik 日本
ベルギーで、ローラという名の24歳の女性が、安楽死の権利を得た。彼女は、ここ数年うつ病を病んでいた。雑誌Newsweekが伝えた。

医師団は、彼女には致死的な病気はなかったにもかかわらず、この女性の願いに応じた。

スティーヴン・ホーキング博士 - Sputnik 日本
スティーブン・ホーキング博士、安楽死の可能性を示唆
ローラさんの話では、彼女には6歳の時から自殺願望があり、21歳から数度自殺未遂を重ね、精神科の病院に入院した事もあった。

ローラさんは「私にとって死は、選択の問題ではない。選べるのであれば、できれば生を選んだろう。私はできる限りのことをしたが、上手くいかなかった」と語った。

いつ安楽死がなされるのかは、伝えられていないが、ローラさんによれば、すでに日付を選び、葬儀の計画もした。

ベルギーでは、すでに2002年に安楽死が許可されている。その際は、耐え難い痛みや、治療不可能あるいは致死性の病気が、許可の根拠とされた。その後2014年、ベルギー国王は、先に議会が可決した、年齢を問わず病気の子供達の安楽死を許可する法案に署名した。この事は、ベルギー内外の宗教組織から激しい批判が浴びせられた。

ベルギー以外に、オランダやルクセンブルグ、そして南米コロンビアでも安楽死が許可されている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала