最高品種ブドウ「ルビーロマン」の初せり、100万円で落札

© Sputnik / Maksim Bogodvid最高品種ブドウ「ルビーロマン」の初せり、100万円で落札
最高品種ブドウ「ルビーロマン」の初せり、100万円で落札 - Sputnik 日本
日本が開発したブドウの品種「ルビーロマン」の初せりが品種開発を行なったお膝元の石川県で9日行われ、700グラムの1房に史上最高値の100万円の値が付けられた。

ルビーロマンは日本の産んだ世界で最も値段の高いブドウ。1994年にはすでに品種開発が終了していたが、市場に出回るようになったのは10年以上もあとの2008年。他のブドウとの違いの決め手は粒の大きさ。一粒のサイズは卓球の球より弱冠小さいほど。みずみずしく、非常に甘味が強く、深みのある赤いルビー色が美しいため珍重されている。

9日の初せりでは31房が出された。そのうち最高値をつけた房は約700グラムに26個の実がついたもので、金沢市内のホテルのレストランでシェフを務めるヒラヤ・マサユキさんが100万円でせり下ろした。最高値のルブーロマンは1粒あたり3万8000円に相当する。

ヒラヤさんはNHKからのインタビューに、これほど高値になるとは予想していなかったものの、気分は最高と語っている。せり落としたルビーロマンはディナーのデザートに出される。

2014年に売られたルビーロマンの最高値は1房55万円で取引されている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала