登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ウィーンのシリア交渉、反体制リスト、憲法、人道問題が焦点、パリのテロ

© 写真 : Ministry of Foreign Affairs of the Russian Federation露米両外相
露米両外相 - Sputnik 日本
フォローする
ウィーンでシリア正常化を話し合う「シリア支援グループ」の会合が2週間ぶりに再開される。

ロシアはこの会合で正常化交渉に含めねばならないシリア反体制派のリストおよびテロ組織の列挙が承認されることを期待している。ロシアはこの件ですでに米国と前提的なリストの交換を行っており、アラブ首長国連邦からも反体制派のリストを受け取っている。ロシアのボグダノフ副首相は「これはすべて討論のためのものであり、最終的なリストではなく、考え」であることを確認している。

副首相はまた、ウィーンではシリア政権および反体制派の会談の可能性が討議されることになっており、必要であればロシアはそのための場を提供する構えであることを明らかにしている。副首相は、シリアでの選挙期日についてはシリア国民自身が決めねばならないと補足した。

前回の会合ではコミュニケが採択され、統一のシリアおよび国家機関の温存と「IS(イスラム国)」やその他のテログループの殲滅、シリア難民とそれを受け入れる諸国への支援の必要性が確認されている。こうしたうえでシリアの運命はシリア人自身が決めるべきであり、権力および反体制派は唯一の政府を作り、憲法を採択し、選挙を行う。

このほか、露米両外相は会談後、そろって記者団に対し、パリでのテロ事件に関連して仏国民への連帯の意を表した。

Лавров и Керри провели встречу в Вене и совместно подошли к прессе, чтобы выразить солидарность с народом Франции в связи с терактами в Париже

Posted by Мария Захарова on 14 ноября 2015 г.
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала