登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ベネズエラ 非常経済事態体制を導入

© AP Photo / Ariana Cubillosベネズエラ 非常経済事態体制を導入
ベネズエラ 非常経済事態体制を導入 - Sputnik 日本
フォローする
ベネズエラのマドゥロ大統領は、国内に60日間の非常経済事態令を敷くと宣言した。大統領はこれについて、新しく招集された国民議会で演説した中で、明らかにした。なお、大統領がメッセージを発表したのは、12月の議会選挙で自身が率いる政党が敗北した後、初めてだ。

メッセージの中でマドゥロ大統領は「ベネズエラが極めて困難な危機にある間は、政治的な意見の食い違いを、前面に出してはならない」と指摘し、次のように続けた―

「憲法に従って私は、非常経済事態令を敷く事を決めた。国全体の活性化を求めると共に、今後60日間、我々の行動に対する国民の支持を求めたい。平和を維持するためには、国が一つになる事が必要不可欠だ。」

また非常経済体制導入の理由について、経済担当大臣は「そうなれば、政府が必要な措置を迅速に取る事ができるようになる」と簡潔に説明し、具体例として、社会領域に追加予算を拠出すること、民間及び国営企業に対し増産を求めることなどを挙げた。

ベネズエラ経済は現在、以下のような数字が、その弱体化を示している。昨年のインフレ率は108%を越え、GDPは7%余りも落ち込み、石油やガスなどの輸出から得られる収入は、62%も減少した。

こうした厳しい状況から、マドゥロ大統領は、ガソリン価格の引き上げといった、以前には考えられなかったような措置導入に踏み切った。長い間、ベネズエラのガソリン価格は、世界で最も安く、1リットル2セントに過ぎなかった。恐らく、今後ベネズエラでは、こうした価格の引き上げが続くものと見られている。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала