ブラジル対テロ当局、五輪中の「最悪の事態」に備える

© Fotobank.ru/Getty Images / Mario Tamaブラジル対テロ当局、五輪中の「最悪の事態」に備える
ブラジル対テロ当局、五輪中の「最悪の事態」に備える - Sputnik 日本
ブラジル対テロ当局は五輪開催に向けた準備を進めている。ブラジルは今のところダーイシュ(IS、イスラム国、ロシアで活動が禁止されている組織)の攻撃を免れているが、当局は「最悪のシナリオ」にも備えているという。

「我々は恒常的臨戦態勢である。我々は最悪のシナリオにも備えている」。国家大規模イベント治安局のアンドレイ・ロドリゲス代表が述べた。AFPが伝えた。

IAEA ジカ熱対策のため放射線照射による蚊の不妊化を提案 - Sputnik 日本
IAEA ジカ熱対策のため放射線照射による蚊の不妊化を提案
五輪の治安確保のため、警官4万7000人と軍人3万8000人の計8万5000人が動員される。これは前回のロンドン五輪の二倍だ。

「ブラジルは中東における紛争に参加していないし、今日の地政学的変動からは距離を置いているから、ブラジルは標的にならない、と考えることもできる。しかし、テロリストらは影響力行使を計っている。そして、五輪は、サッカーW杯と並んで、世界最大のイベントの一つだ。カメラが集まるところにはテロリズムのリスクがつきものだ」。パリの国際戦略関係研究所長パスカル・ボニファス氏が述べた。

第31回夏季オリンピックは2016年8月5~21日に開催される。南米で開催される初の五輪となる。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала