LNGのアジア購入者は市場の供給過剰により新たな長期契約を結ばない―ブルームバーグ

© AP Photo / Cliff OwenLNGのパイプライン
LNGのパイプライン - Sputnik 日本
液化天然ガス(LNG)のアジアの購入者たちは、市場における深刻な供給過剰に関する専門家の予測を背景に、新たな長期契約の締結を先延ばしにしている。オーストラリアのエネルギー大手ウッドサイド・ペトロリアムのピーター・コールマン最高経営責任者(CEO)が、通信社ブルームバーグのインタビューで語った。

握手 - Sputnik 日本
イラク石油相が訪日へ、協力拡大の討議が目的
コールマン氏によると、アジアでは今、短期契約の締結、あるいはスポット市場での購入が好まれているという。

スポット購入は、大分前から長期契約よりもはるかに安価となった。ゴールドマン・サックスのアナリストによると、今はスポット市場で、昔の長期契約による供給よりも31パーセント安で購入することができる。

コールマン氏は、「原油市場の価格変動の激しさを考慮した場合、購入者たちが今後の見通しを立てるとは考えづらい。これはスポット契約でLNGを購入する方が、彼らにとって有益な状況をつくり出している」と指摘した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала