2500億回の「いいね」までの道のり、ツィッター誕生から今日で10年

© 写真 : Pixabayツイッター
ツイッター - Sputnik 日本
ちょうど10年前の今日、2006年3月21日、米国人プログラマーのジャック・ドーシー氏によってツィッター・サービスの前身「twttr」最初のメッセージが書き込まれた。当時、ツィッターはオデオ社の社員間のコミュニケーション手段として用いられていた。

現在ツィッターは世界の数億人のコミュニケーション手段であるばかりでなく、ニュースソースでもあり、現代文化の一部をなすまでに拡大した。

フェイスブック、ツィッター、聖なるユーチューブの名において、アーメン - Sputnik 日本
フェイスブック、ツィッター、聖なるユーチューブの名において、アーメン
ドーシー氏がマイクロコミュニケーション・サービスという構想を推し進めたのは、友達と常時情報交換を図るなど、少人数グループのコミュニケーションの場を作りたかったのが理由。Twttrという当初の名称はtwitter(鳥のさえずり)を想起させたことから、最終的にこちらのほうが固定した。

初の投稿からほぼ4ヶ月でソーシャルネットは公開。ドーシー氏のほかにビズ・ストーン氏、エヴァン・ウイリアムズ氏、ノア・グラス氏がこの構想を作り上げた。ツィッターには次第に写真をアップしたり、ユーザーに返答したり、グループのメッセージをまとめたりと、今日ツィッターが普及し、それを有名にしたファンクションが加わっていった。

 

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала