ナチスの残酷ドクターの死体、解剖実験へ

© REUTERS / Dado RuvicСудебный антрополог Международной комиссии по пропавшим без вести идентифицирует останки жертв убийств в Сребренице
Судебный антрополог Международной комиссии по пропавшим без вести идентифицирует останки жертв убийств в Сребренице - Sputnik 日本
アウシュビッツ強制収容所でユダヤ人に対し、残酷な実験を行ったとして悪名高い医師ヨゼフ・メンゲレは第2次大戦後、ラテンアメリカに逃亡。その遺体はブラジルで検死された後、死体安置所に保管されている。

ブラジルのサンパウロダニエル大学医学部のロメロ・ムニス教授は学生の解剖授業でメンゲレの遺体を使う権利を獲得した。英インディペンデント紙が報じた。

ムニス教授は、「メンゲレの骨は学生には格好の学習材料になるだろう。これはドクターの卵の病理解剖学の実験に特に適している」と語っている。

第2次大戦中、メンゲレはアウシュビッツ収容所のユダヤ人を医学実験に使用し、その際の人選も自ら行った。メンゲレの手にかかって殺されたユダヤ人の数は数万人にのぼる。その残酷さからメンゲレは「死の天使」とまで呼ばれた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала