国連事務総長、北朝鮮外務省に気候変動対策を呼び掛け

パン・ギムン国連事務総長は金曜、イ・スヨン北朝鮮外相に対し、気候変動対策で総合的な努力をとることの重要性を強調した。事務総長プレスサービスが述べた。

「パリ協定調印式で事務総長と北朝鮮の外務大臣が挨拶を交わした。事務総長は、気候変動対策で協調行動をとることの重要性など、北朝鮮との関係について簡単に話した」という。

北朝鮮は金曜、パリの気候条約を締結した175カ国の一つとなった。この条約は、世界全体の温室効果ガス排出量の少なくとも55%を占める55カ国によって批准された後、施行される。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала