ドイツ最大の原発がウイルスに感染

© Sputnik / Ruslan Krivobok / フォトバンクに移行原発
原発 - Sputnik 日本
ドイツ最大の原子力発電所グンドレミンゲン原発のコンピュータネットワークがウイルスに感染していることが分かった。27日、ロイター通信が報じた。

Орел на фоне заброшенного дома в белорусской деревне Дронки - Sputnik 日本
チェルノブイリと福島で新たな危険が発見
原発の一つのユニットのコンピュータからウイルス「W32/Ramnit」と「Conficker」が見つかった。

またUSBフラッシュドライブをはじめとした18個の記憶媒体でもウイルスが発見された。

「W32/Ramnit」ウイルスは、Microsoft Windowsシステムを使用しているコンピュータからファイルを盗むためのもので、特にリムーバブルドライブを介して感染する。「W32/Ramnit」を使って、インターネットに接続されたコンピューターを遠隔操作(リモートコントロール)できる。

原発側によると、不正なソフトウェアはすでに削除されたという。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала