日本銀行 新たな刺激策を控える

日本銀行は会合を開き、多くの市場参加者の期待に反して、禁輸政策の現状維持を決め、景気刺激策を拡大しなかった。

発表によると、日本銀行は従来通りマネタリーベースを年間80兆円増加させ、0.1%のマイナス金利を維持する方針。

前回の会合のあと市況が一部悪化したため、会合の前、日本銀行の決定について経済学者たちの意見は分かれていた。

なお、日本銀行が金融政策の現状維持を決めことが発表された後、投資家らが落胆したため、日本企業の株は下落し、東証株価指数(Topix)は2パーセント値下がりした。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала