オーストリア、ヒトラーの生家を撤去へ

オーストリアのソボトカ内相はヒトラーの生家の撤去を検討している。AP通信が地元マスコミの報道を引用して報じた。

これまでオーストリア内務省は「ナチズムの目的」で住居が使用されることないよう、家の所有者から買い取る意向を表していた。

ソボトカ内相は「撤去は最も完璧なソリューションだと思う」と述べる一方でオーストリア政権が家の買取を試みているものの、「今のところ、成果はえられていない」と明かした。

話題の家はブラウナウ・アム・イン市にある3階建ての住居でポメル家が所有している。この家で1889年、ヒトラーが誕生した。建物は長い間学校として使われたあと、市の図書館となり、現在は障害者のための工房センターとして使用されている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала