ニュージーランド アボガードの不作が原因で犯罪件数増加

ニュージーランドでは、今年アボガードが不作だが、それが原因で、犯罪件数が急激に増えた。大好きなものを手に入れるためには、多くのニュージーランド人達は、盗みも厭わないのかもしれない。新聞「The Guardian」が伝えた。

スーパ - Sputnik 日本
「食べても大丈夫!」スペインに賞味期限切れ食品のオンライン・ショップ開店
大抵、木や畑から果実を盗む場合、それは夜に行われ、盗難品は、郊外の屋台や小規模な店で売りさばかれるものである。

しかしニュージーランドの場合、盗難品のアボガードは危険な場合がある。中にはまだ熟していないものもあるし、何らかの農薬が使われたばかりのものもあるからだ。それでもアボガード泥棒は、収まる気配がない。なぜならリスクを冒しても、大変な利益をもたらすからだ。

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала