韓国で「何もしない」競技会行われる(動画)

© AFP 2022 / Jung Yeon-Je何もしないことが求められる競技会Space Out
何もしないことが求められる競技会Space Out - Sputnik 日本
韓国の首都ソウルで、90分間、何もしないことが求められる競技会Space Outが行われた。その間、参加者は、携帯電話にも時計にも注意を向けてはならず、眠ることもおしゃべりすることも禁じられた。つまり何もしないことだけが求められた。Viceが伝えた。

ストレス - Sputnik 日本
ストレスは脳にダメージを与える
ソウル市内のイチョン・ハンガン公園で行われた、この普通とは違った競技会には70人が参加した。優勝者は、90分間、何にも気を紛らわされず、脈拍も安定させて、静かにベンチに座る栄誉が与えられる。

こうした競技会開催のアイデアを思いついたのは、韓国の画家ヴィプス・ヤン氏で、2014年のことだった。彼女によれば「自分自身、もし何もしないでいるとひどくイライラする性質なので、何もしないことの大切さを理解できた。もし多くの人達が、一度に何もしないでいるならば、それは皆にとって、もっと心地よいものになるだろうと考え、競技会を始めた」とのことだ。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала