三菱自動車 燃費スキャンダルで8期ぶり赤字転落

三菱自動車は、燃費スキャンダルにより、2016年から2017年会計年度(2017年3月期連結決算)の業績予想で8期ぶりに赤字転落する見込みだ。共同通信が伝えた。

日産ティアナ - Sputnik 日本
5月 三菱と日産の3車種がロシア市場から消える
今年4月、三菱自動車は、25年間にわたり、自社の車の燃費テストを、国が定めたルールに従わない基準で行ってきたことを認めた。

そうした不正により、申告した数値と実際のものの間の差は15%にも達した。なお今月6月、三菱自動車は、燃費偽装が行われた小型車の所有者62万人に対し、車一台につき10万円の補償金の支払いを発表している。

三菱自動車は、軽自動車の燃費偽装問題を受けて国内販売台数が激減する中、顧客や販売会社、部品メーカーへの補償費用として多額の損失を計上するため、税引きの純利益は8期ぶりに赤字転落する可能性がある。

三菱自動車は、このテーマに関する通信社の質問に対し、コメントを避けた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала